ガラスの種類

窓の性能のカギを握る大切なポイントのひとつが「ガラス」です。        ガラスには様々な性能・機能があり、選ぶ種類によって寒さ・暑さ・結露対策、      省エネ、防音・防犯などの効果が期待できます。

「単板ガラス」                                 1枚のガラスでできた古くから普及しているものです。価格が安く、雨風を凌ぐことはできますが、断熱性などはあまり期待できません。

「複層(ペア)ガラス」                           2枚のガラスで構成されるもので、中空層を設けることでガラス面を通り抜けようとする熱を少なくして、断熱効果を高めます。室内側のガラス面を冷えにくくするのでガラス面の結露も抑制します。                        近年では片側のガラスに特殊金属膜をコーティングすることで優れた断熱効果を発揮するLow-E複層ガラスも普及しており、より高い省エネ効果が期待できます。更に、中間層に空気よりも熱の伝わりにくい高性能ガスを封入したり、ガラス間を真空にすることでより断熱性能を高めることも可能です。

「トリプルガラス」                                3枚のガラスを組み合わせ、より高い断熱効果を生み出します。         北海道などの寒冷地では普及が進んでいます。

この他に、プライバシー効果を期待して「型板ガラス」「フロストガラス」などの 透明でないガラスや、防火性・耐火性を高めた「網入りガラス」、防犯性をアップ する「防犯合わせガラス」などがあります。

ガラスの選び方次第で、窓の性能や機能が変わり、家の住み心地が決まり、省エネ性向上にも繋がります。目的や効果を検討し、より住み心地の良い住宅を目指したいものです。

カテゴリー: STAFF BLOG パーマリンク