断熱工事

今年は猛烈に暑い…と思っていたら
いつの間にか今度は急に寒くなってきました。
朝起きて、寒っっっ…なんてことを減らすために
非常に重要なのが住まいの断熱です。

寒い時期に建物中の熱を如何に外へ逃げないようにするか、
暑い時期に外の熱を如何に入れないようにするか、
これが「断熱」です。

窓、屋根、壁、床などの断熱性を高めることで
住まいの快適性が大幅にアップします。
ユーフラット工房ではこのうち、屋根、壁の断熱性を高める断熱材に
発泡ウレタンフォームのアクアフォームを採用しています。
現場で直接建物に断熱材を吹き付けていくので
隙間なく建物を断熱材で覆うことができるのが大きなメリットです。


トラックで現場で材料を混ぜ合わせ、
直接外壁の内側に吹き付けていきます。


吹付が終わるとこのような状況になります。

工事完成時には見られなくなってしまいますが
この断熱材の有無で住まいの快適性は大きく変わってきます。

縁の下の力持ち、いや壁・天井裏の力持ち、といったところです。

今回は壁・屋根裏の断熱についてご紹介しましたが
窓などほかの箇所については
改めてご紹介できれば…と思っています。

カテゴリー: STAFF BLOG パーマリンク